研究室紹介研究室紹介

1.免疫細胞治療学講座について

沿革

2006年9月      東京大学医学部附属病院 中央診療棟2の9階に講座施設を設置

2007年2月      がんに対する免疫細胞治療の外来診療を開始

2009年4月~    肝胆膵外科(國土典宏教授)、2010年4月心臓外科(小野稔教授)、2012年10月呼吸器外科(中島淳教授)の3講座を親講座として活動

2017年10月     理化学研究所・医科学イノベーションハブ推進プログラム・がん免疫データ多層統合ユニットプロジェクトスタート

2019年5月      中央診療棟II9階から、分子ライフイノベーション棟6階へ移転

2019年5月31日 株式会社メディネットによる寄付講座は3期15年の設置期間を満了

2019年6月1日  タカラバイオ株式会社の寄付講座として、心臓外科(小野稔教授)、呼吸器外科(中島淳教授)、泌尿器科(久米春喜教授)の3講座を協力講座として、腫瘍免疫研究とがん免疫治療法の開発を目的に活動を継続

組織の概要

「免疫細胞治療学講座」は、がんに対する免疫細胞治療の基礎および臨床研究を実施し、がん治療における本治療技術の役割を明確にすることを目的としています。
がんに対する免疫細胞治療や細胞医療の実施に必要な技術・ノウハウ、施設、資材、専門技術者、システム等を包括的に提供するトータルソリューションサービスを事業としている株式会社メディネットからの寄付により、心臓外科・呼吸器外科(高本眞一教授)を親講座として2004年6月に22世紀医療センター内に開講、垣見和宏が特任准教授(現・特任教授)として着任しました。
2006年9月から中央診療棟2の9階に設置された新しい施設を使用することが可能となり、2007年2月から「がんに対する免疫細胞治療」の外来診療を開始しました。

2019年5月には、株式会社メディネットによる3期15年間にわたる寄付講座の設置が満了し、6月からは、タカラバイオ株式会社による寄付講座として再出発いたします。寄付講座の設置場所も、中央診療棟IIから分子ライフイノベーション棟に移転しました。多くの診療科と共同研究を実施し、得られた臨床検体を最先端の技術で解析することで、分子免疫学に基づいた腫瘍免疫学の研究と、新しいがん免疫治療法の開発に従事しています。膨大な臨床データを統合して、一人ひとりの患者に最適な治療法を提供できるシステムを構築することを目的に理化学研究所のプロジェクトも開始しました。

がん治療における免疫治療の重要性が増す中、最先端の腫瘍免疫学の基礎に基づいた、がん免疫治療法の研究開発に取り組んでいます。

今後ともより一層のご指導、ご支援を宜しくお願いいたします。

 

中央診療棟II 9階の免疫細胞治療学講座は

施設の設計段階から、「ベンチからベッドサイドへ」の臨床研究を行うために必要な要素として、
①基礎研究と前臨床研究を行う研究部門
②細胞調製部門
③がん患者の診療を行う外来診療部門
の3つの部門を合わせたがんの免疫細胞治療専門講座を作り上げ、トランスレーショナルリサーチを実践するためのモデル講座として活動しました。

 

研究室

安全で信頼性の高い治療用細胞を供給するために、適切なハード面の構造設備基準に則った施設と、その取り扱いを規制するソフト面の基準に則った、一貫した品質保証システムの構築が不可欠です。免疫細胞治療学講座では株式会社メディネットから派遣された専門技術職員がCPC(Cell Processing Center)の運営を担うことにより、それを可能にしています。

免疫細胞治療に用いるために加工された細胞は、各患者さん本人の自己由来の細胞であるため、現行薬事法への適応は困難ですが、高い倫理観に基づいた自主的な取り組みでGMPに準拠して細胞を調製し、質の高い臨床研究を実施しています。

現在、倫理委員会または臨床試験審査委員会で承認されたプロトコールに基づき、UMIN臨床研究登録システムに登録し、東京大学医学部附属病院の各診療科と共同で臨床研究を実施しています。2009年度から肝胆膵外科(國土典宏教授)2010年度から心臓外科(小野稔教授)の2つの講座を親講座として活動しています。

2019年6月からは、新しく分子ライフイノベーション棟に移転し、より一層腫瘍免疫の研究とがん免疫治療法の研究開発に